塩を運ぶ道の終着駅

長野県中部に塩尻市という地名があります。

塩という字がつくからには塩に由来する地名でありそうですが、海に面していない長野県が塩とどんな関係があるのでしょうか?

塩は赤穂塩や竹原塩など瀬戸内海産のものが最高級品として日本中に出回っていました。

塩を運ぶ道は塩街道と呼ばれ、南の熊野灘を通って熱田や清水、江戸に運ばれる南塩ルートと、下関を通って日本海側を回る北塩ルートがありました。

海のない長野県では塩を生産することができないため、日本海や太平洋に面していた地域から塩を手に入れていましたが、塩街道の終点だったので「塩尻」と呼ばれるようになったといわれています。

各地を売り歩いてきた塩売りが、この付近まで来ると品切れとなってしまうことから塩尻の名前になったともいわれています。

しかし、塩尻は塩の輸送とは関係がなく、塩尻の地名も塩に由来したものではないとする説もあります。

周辺の地形の道が詰まっていることから、次第に狭くなる地形という意味の「しぼ」という言葉から「しお」になったのではないかと考えられています。

沼や川、沢などに多用される渋地を「しおち」と書いていくうちに「塩」の字が用いられて、渋地のどん詰まり、どん尻で「塩尻」になったという説もあります。