浅間山の由来

浅間山は長野県北佐久郡軽井沢町及び御代田町と群馬県吾妻郡嬬恋村にまたがる活火山です。

標高2,560メートルで、山の形は円錐形をしています。

火山活動にともない生じた特異な地形の状態を「あさ」といい、場所を示す地形語「ま」とで「あさま」となり、活動の活発な火山を人々は「あさま」と呼ぶようになったといいます。

やがて「あさま」に浅間の字があてられて、「せんげん」という読み方にもなったそうです。

数十万年前から浅間山の周辺では火山活動が活発で、噴火と崩壊を繰り返して現在のような姿になっています。

最後に大規模な噴火があったのが1783(天明3)年で、天明噴火と呼ばれています。

噴火や爆発を毎日繰り返し、北関東全域には火山礫や火山灰を降らせ、吾妻火砕流は群馬県側に流下し、密林地帯を埋め尽くしました。

もっとも大きな被害をもたらしたのが鎌原火砕流で、麓の集落で多くの犠牲を出しました。

この大噴火が、天明の大飢饉の原因となります。

噴火の降灰による広範囲の被害と火山灰の滞留による日射量不足で、大凶作となり、東北地方で約10万人の死者をだしたといわれています。

非常に深刻であった天明の大飢饉は、江戸時代の代表的な飢饉のひとつでした。

https://jiko-ask.com/search/pid:20